社長メッセージ

「おいしい」はもはや当たり前。
最高の演出と健康へのこだわりで、
長寿会社を目指します。

ユネスコの“無形文化遺産”に登録され、世界中の人々に注目されている日本料理(和食)。

当社はその中でも、“かに料理”に特化した専門店として成長を続けてきました。今ではチェーンの料理店でも見かける「かに刺し」「かに寿司」など、「かにを生で食べる」という提案を創業期から行うなど、新たな試みを発信し続けてきたのです。これは、「かにに特化」しているからこそできたこと。
他にも「かにすき」、「かにの天ぷら」や「甲羅揚げ」など、かにの可能性を信じ、商売を営んでまいりました。これからも、お客様の嗜好や食文化の変化に合わせ、新しい楽しみ方を提案できる企業であり続けたいと考えています。

札幌かに本家には、毎日大勢のお客様に来ていただいています。その理由の一つが、素材へのこだわり。かにの漁場として世界一の実績を誇る北海道の苫小牧に仕入れ・保管・発送の拠点を持ち、ここをベースにして北海道全域から新鮮なかにを仕入れています。毛かに、ズワイかに、タラバかになど、かににも様々な種類があります。「味」はもちろん「大きさ」といった見栄えにもこだわり、種類ごとに仕入れ場所を変え、日本はもちろん世界から仕入れを行っています。
こうした仕入れネットワークや目利きノウハウといった知識も、「かにビジネス」に特化した当社の大きな強みです。

自分で考え、発信する人材に期待しています。

こうした当社の「かにビジネス」をお客様にご提供するのが、当社社員のミッション。
お客様のご満足を最大化するためには、社員1人ひとりが「自分で考え、仕事を通じて自分を良くしていく」という想いを持つことが大切です。自分を良くしていく(成長する)ことは、お客様に喜んでいただけるだけでなく、社会への貢献にもつながること。周りに遠慮する必要はありません。自分で「今、どうするべきか」「どうしたらもっと良くなるか」を考えて「いい」と思ったことはどんどん発信してください。

学校で学ぶことだけが勉強ではありません。社会に出てから、「面白い」と心から感じられるものに出会い、「学び」が始まることもあります。そうして学んだことはぜひ、頭の中の引き出しに入れ、必要に応じて取り出せるようにしてほしい。私自身、そうして「かにビジネス」に向き合ってまいりました。

スキルアップや知識の習得に専念できるよう、研修制度の充実や日々のOJTに力を入れています。入社後は、同期みんなでの導入研修、その後に職種ごとの専門的な初期研修、と丁寧な研修を実施。不安なく社会人デビューができるよう、しっかりとサポートします。
それだけでなく、社員寮や各店に社員食堂を完備するなど「働きやすい環境」づくりにも注力。成長したい、誰かの役に立てる存在になりたい。そんな想いを持っている方、ここでその想いを実現しませんか。

代表取締役:日置 達郎